自己処理のここに注意!みなさん普段のムダ毛処理をどのような方法で行なっているでしょうか?カミソリや毛抜きなど、「剃る」もしくは「抜く」のが一般的です。これらの自己処理は安価で手軽にできるものですが、その反面デメリットも潜んでいます。普段から時間をかけることの多い自己処理の注意点を紹介します。

カミソリやシェーバーで剃る

もっとも一般的な脱毛方法がカミソリやシェーバー等による剃毛です。
広範囲を短時間ででき安価ですので、もっともお手軽な方法と言えます。
しかし、剃ってもすぐ生えてきてしまうのが難点です。
その上、新しく生えてきた毛の先端が平らに切断された状態なので、以前より太く濃い毛が生えてきたように見えてしまいます。
見た目だけでなくチクチクして手触りも悪いものです。
カミソリで剃るのは、簡単で安全なように思えますが、実際には毛を剃る時に皮膚の表面の角質層を傷つけています。
そのため皮膚に炎症を起こす可能性があります。
いわゆるカミソリ負けと言われるものですが、慢性化しやすく色素沈着を起こすことがあるので注意が必要です。
特に毛の生えている方向と逆方向に剃る逆剃りは毛穴を傷つけるので、やめましょう。
カミソリでムダ毛処理する場合は、剃った後に化粧水やクリームなどで肌に潤いを与えることを忘れないでください。
シェーバーもカミソリと比べると肌への負担を軽減するように作られてはいますが、基本的な原理は同じなのでカミソリで剃る時と同じようにアフターケアをしっかりするようにしましょう。

毛抜きで抜く

毛抜きによる処理は、カミソリと比べると仕上がりがキレイなところがポイントです。
また効果が長持ちすることもメリットの一つでしょう。
毛抜き一つあればできるので手軽な方法といえますが、処理をするのに一本一本抜かなければならず時間がかかってしまいます。
さらに毛を抜く時の「痛み」も大きな欠点です。
なるべく毛の流れている方向に抜くことで少し痛みを軽くすることができるでしょう。
処理後のトラブルとしては、皮膚が引っ張られて盛り上がり鳥肌のようになってしまったり、皮膚が毛よりも早く再生して皮膚の下で毛が育ってしまう埋没毛が挙げられます。
また抜いたところに雑菌が入って化膿したり、皮膚の組織と毛が衝突して毛のう炎を起こしてしまうことがあります。
雑菌が多いバスルームでの処理は避け、処理後は冷たいタオルで冷やし、もし血が出てしまうなど肌を傷つけてしまった時は消毒するなどのケアをしっかりすることが大切です。
他にもワックスやテープによる毛を抜く脱毛方法があり、毛抜きと比べると広範囲を一気に脱毛できるのが利点ですが、同じように埋没毛などのトラブルを招く恐れがあります。
これら毛を抜く脱毛法は肌への負担が大きいのであまりおすすめできません。
もし行う時は細心の注意をはらって行なってください。

クリームやムース等、薬剤で溶かす

これは体毛の成分であるタンパク質を薬剤等で溶かして脱毛する方法です。
毛を溶かすのでカミソリのように断面がチクチクすることはなく、自然な感じに仕上がります。
比較的短時間で広範囲を処理でき、痛みもほとんどないのが利点と言えます。
しかし、皮膚表面の除毛にすぎないので、すぐにまた生えてきてしまうのはカミソリと変わりません。
また、体毛のタンパク質を溶かすということは、同時に皮膚の表面も溶かしてしまうことになります。
そのため肌が荒れる原因になりかねません。
人によっては、これが原因で炎症をおこしたり、かぶれたりすることがあります。
独特の刺激臭があるのも、気になる人にとってはデメリットと言えるでしょう。
脱毛クリームや除毛剤は肌への刺激が強いので、頻繁に使用するのは考えものです。
使うときには使用書をよく読んで使用時間等の注意事項をきちんと守ってください。
また使用前にパッチテストを行うことをわすれないようにしましょう。

Copyright © datsumou-ranking.info All Rights Reserved.