女性なら誰もが気になるデリケートゾーン。
					最近、VIOラインの脱毛を希望する人が増えてきているようです。
					デリケートな部位ですので、衛星面などに注意が必要になってきます。
					今回、次回と2回に分けて、このVIO脱毛について詳しく見ていこうと思います。

クリニックでするVIO脱毛のメリット

1.清潔感を保つ
デリケートな部位だからこそ清潔感を保ちたいものです。
VIO脱毛をすることによって蒸れやにおい、かぶれ、黒ずみを解消。
Oラインに生えている毛に排泄物が付着することを防ぎます。
2.お気に入りの下着や水着をムダ毛を気にせず着れる。
夏場、海やプールに行く時に気になるVライン。
ムダ毛のことなど気にせずに、お気に入りの水着を着たいものです。
VIO脱毛を希望される方のほとんどの人の動機はこちらではないでしょうか。
3.自己処理の煩わしさ、肌トラブルの防止
先に述べたように、自己処理を続けるのは大変ですし肌トラブルのリスクが伴います。
他の部位にも言えることですが、このようなデリケートな部位の自己処理は難しく、大変です。
自己処理の痛みや煩わしさから開放されることは大きなメリットと言えるでしょう。

VIO脱毛、施術のポイント

施術は、まず仕上がりの形と毛量を決めるところから始まります。
毛をすべて無くすことも可能ですが、減毛して全体のボリューム感をコントロールすることもできます。
また、形もお好みの形に仕上げることが可能です。
生えているところ、生えていないところの境界線も自然な形に整えられます。
普段使っている下着や着たい水着などを持参するとスムーズに施術が進むかもしれません。
VIO脱毛に関しては、より綿密な打ち合わせ、カウンセリングが必要になってきます。
定番の形としてはVラインは逆三角形。
違和感がなく最も自然な仕上がりです。
Oラインに関してはすべて無くす人が多いようです。
Iラインの場合、性器の両側に少し残す人と、ツルツルにする人に分かれるようです。
少し残っているぐらいの方がより自然に見えるので、自然派の人にはおすすめです。
繰り返しになりますが、VIOラインは他の部位とくらべてデリケートな部分。
個人差はありますが痛みを強く感じる場合があります。
そういう時は無理をせずにドクターに伝えてレーザーを調整してもらったり、麻酔の処置をしてもらいましょう。

施術前、施術後の注意点

施術前には施術部位を清潔にしておきましょう。
デリケート部分は蒸れやすく、においなども気になるものです。
可能であるならば、お仕事帰りよりも自宅から直接クリニックに向かえる日に予約を入れたほうがいいかもしれません。
他の部位と同じで施術前、次の施術までの間はワックスや毛抜きでの自己処理は控えてください。
また生理中の施術はNGです。
生理直後も痛みに敏感なので避けたほうがいいでしょう。

クリニック選び

VIO脱毛に関して言うならば、清潔感、安心感、経験の豊富さが重要です。
エステでの施術もできますが、デリケート部位だけに衛生管理の徹底したクリニックで行うことをオススメします。
満足いく施術には、デザインや毛量の調整など細やかな施術が必要です。
ウェブサイトなどで症例を紹介していたり、VIO脱毛に言及しているところを探しましょう。
また、クリニックでは男性医師が施術するところもありますので、女性医師が在籍していて、施術してくれることもしっかり確認。
痛みや恥ずかしさを感じずに施術が受けられることが大切です。

Copyright © datsumou-ranking.info All Rights Reserved.